出張費を節約するコツとは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9c52f00f68a34bffc786d071acc5884b_s

会社員の方であれば、誰でも「出張」というものを経験するでしょう。
ここでは少しその出張の経費ということに関して考えてみたいと思います。

一般的に出張の経費というのは「宿泊日当」として支払われ、相場というのは1万円前後でしょう。
つまりこの金額で宿泊とかその他諸々の費用を賄う訳です。
この金額を賢く節約すれば余ったお金を他のものに充当することもできます。(もちろん余った旅費の返済を求める会社もあります)

 

出張旅費規程がある会社では…

きちんとした会社であれば、必ず出張旅費規程というものが用意されています。
つまり出張の時に旅費に関して、その「金額」・「対象」・「返済」などのルールが全てそこに載っているのです。
もし不明な点があるときにはこれをしっかりと確認してみましょう。
実はこうした出張旅費規程を設けている場合、節税ということも念頭に入れられており、会社側のメリットも関係してきます。

画像AC

画像AC

出張費を減らすコツ

出張の経費で大きな割合を占めるのがやはり「交通費」と「宿泊費」ということになります。
交通費に関しては、時間が許せば新幹線を使わずにローカル線などを使用するという工夫ができるかもしれません。
例えば青春きっぷなどを使って格安で移動することもできるのです。
特に出張経費で余った分を受け取れる会社であれば、こうした制度はぜひとも活用したいものです。

また遠くに出張する場合でも「深夜バス」というものを利用できるかもしれません。
つまり、会社が終わってから少し仮眠をとって、深夜バスに乗り込み次の日の早朝には現地についていることができるのです。
こうした深夜バスというのは新幹線や飛行機などと比べるとかなり格安です。
また最近ではバスの中もかなり「快適」になっており、ある程度は休めるようになっています。

画像AC

画像AC

宿泊費に関しては色んな方法があります。
中には出張を頻繁にこなしていて、ホテルに泊まる経費というものが無駄に思えてしまう人も多いのです。
こんな時には社用車で移動をして、サウナで入浴を行い、車中泊で経費を浮かせる人もいます。
あまりゆっくりはできないかもしれませんが、一泊の出張とかどうしても経費を浮かせたい人にはおススメです。

またホテルに関しては「当日予約する」という手もあります。
ビジネスホテルなどは空きが多いと、当日料金をかなり安くしても部屋を埋めようとするからです。
この点でホテルの予約サイトなどを常にチェックしながら移動することもできるでしょう。

基本的に宿泊を伴うのであれば、その時間を全て会社が拘束することになりますので、「飲食代」も経費で賄うことができるはずです。
もちろん事前に社内ルールを確認しておくと良いでしょう。

ぜひこうしたことも参考にしてみてください。

follow us in feedly