ここまで違う短期と長期の出張手当!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
d71e8939b17dfe50d8386036cdfa0308_s

出張が決まると、誰でも期待するのは「出張手当」というものです。
そもそもこの出張手当というのは、短期間の出張に対して日当を支給するというものでしたが、最近では生産ラインを海外に移す会社も珍しくなくなり、長期出張も多くなっています。
ですから長期出張手当として支給を行うことを検討している企業も沢山あります。
しかし、喜ぶのはまだ早いと言えます。

短期ならまだしも長期であればかなりの日数に対して日当を支給することになるため、長期出張手当の金額を減らさなくては会社が立ち行かないのです。

非常に大きい支給額の差

短期出張の手当と、長期出張手当は支給額が異なり、その差は一般的に非常に大きくなっています。
これは短期間でもある程度支給額を多くする必要があり、長期出張手当ばかりを優遇すると、短期の出張では十分な金額を受け取れないからです。
こうした事業から短期出張の方が、手当の支給額が優遇されているのです。

皆さんにまず覚えておいていただきたいのは、出張が一定期間を超えるとその支給額が減額されるので、出張期間がどれくらいになるのか知っておかなくてはいけないということです。
さらに一定の期間を超えると、長期出張手当の支給額がどれくらい減少するのかも知る必要があります。
手当の支給をするのが会社側になりますので、減額されるのはある程度仕方ないと割り切っておきましょう。

画像AC

画像AC

一般的な長期出張手当の分かれ目は…

多くの企業で長期出張手当の支給の対象となる分かれ目は、20日以上か30日以上のどちらかに設定されています。
もちろん、それぞれの会社で基準はバラバラですから就業規則で確認しておく必要があります。
この日数を超えて出張が行われると、長期出張の支給額というのが減額になります。

出張期間が長ければ長いほど、その長期出張手当の支給額の下げ幅がどんどん大きくなります。
中には「いつの間にか通常の出張手当の半額くらいになっていた」というケースもあるのです。
しかしこれは、どの会社でも大抵起こることで皆さんが例外ということではありません。
ぜひこうしたことは覚えておくと良いでしょう。

割り切るしかない…

こうした出張手当に関しては、会社の規約などにも当然載っていることですので、不満だからと言ってそれを覆すことはできません。
ですからこの点で、長期出張をするビジネスマンはある程度割り切る必要があるでしょう。
例え減額されても、日当として給与にプラスして支払われるものがあるので、生活の助けにはなるはずです。
中には、出張手当自体を無くしているという会社もありますから、「あるだけラッキー」と考えた方が良いかもしれませんね。

画像AC

画像AC

follow us in feedly