出張する時は服装に注意する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
df1871329d04faec8f8f8e3721f9a23c_s

出張の時に「何を着ていこうか?」と迷う人は本当に沢山いるのではないでしょうか。
もちろん皆さんも理解されていると思いますが、出張先がどんな場所でも最低限「社会人」としてふさわしい服装をするのは適切です。
具体的にはスーツが無難ですが、最近ではオフィスカジュアルとかクールビズでもOKとしている会社も多くあります。
しかし、初めて会う相手と商談をすることが出張の目的であれば、念のためスーツが良いでしょう。
なぜなら相手側がオフィスカジュアルとかクールビズに関してどんな価値観を持っているか確かではないからです。

オフィスカジュアルでも良い場合というのは、出張先が自分たちの会社の支店もしくは支社で、会社としてオフィスカジュアルやクールビズを認めている時です。
もし会社がスーツ以外を認めていないのであれば、当然ながら出張時の服装というのはスーツ一式ということになるでしょう。

身だしなみをしっかりと整えて出張に行く

どんな服装をするにしても、それと同じくらい重要になってくるのが「身だしなみ」というものです。
スーツを着ていれば自動的に印象が良くなるわけではありませんが、私たちの身だしなみというのは服装の一部です。
会社の顔として出張に行くのだ!ということを意識して、社会人らしいスーツの着こなしをしましょう。

これはもちろんシャツとかネクタイのチョイスにも大きく影響してきます。
つまり出張時の服装がスーツなのであれば、シャツとかネクタイの色は自動的に決まってくるのです。

画像AC

画像AC

例えばシャツであればホワイト、着用しても淡いブルーやピンクまでにしておきましょう。
ネクタイはシンプルで落ち着いた色が基本になります。
いきなり派手な色とか柄物のネクタイをしめていくと「この人TPO大丈夫?」と思われてしまう恐れがあるのです。
出張先の雰囲気を考えつつ、服装を選んでいきましょう。

襟や裾という細かい部分までしっかりとチェックしよう

どんな色やデザインの服を着ていくかということも重要ですが、シャツの汗シミとか汚れに関しても事前に確認しておくことにしましょう。
つまりどれだけスーツを爽やかに着こなしても、スーツやワイシャツが汚れていれば、それだけ第一印象というのは悪くなってしまうのです。
特に気を付けたいのはスーツを脱いだ時ににじみ出ている脇汁とか首元の汗というものでしょう。

これは靴に関してもいえることです。
靴というのは服装よりも汚れやすいので、注意して手入れをする必要があるでしょう。
昔から「オシャレは足元から」という言葉があります。
つまりどれだけ服装が整っていても、靴が汚れていると台無しになってしまいます。
理想的なのは前日に靴をチェックし、磨いておくという準備をすることです。

画像AC

画像AC

ぜひ出張をする時にはこうしたことも覚えておいてください。

follow us in feedly